N.F式 AKA療法

AKA療法とは

AKA療法とは「関節運動学的アプローチ」という意味になります。関節のひとつひとつを関節運動学に基づいて動かすため誤操作がなくなり非常にリスクが少ない治療法だと言えます。 この治療法の特徴は骨盤にある『仙腸関節』という関節を重要視しているところです。

上半身と下半身を繋ぐ重要な関節でこの部分は仕事の姿勢、繰り返しの動作などにより機能異常(いわゆる歪みやズレ)を起こしやすい部分になります。 この『仙腸関節』は関節運動学上1~2ミリ程度の遊びがある関節ですが、この遊びがなくなってしまった状態を関節の機能異常と言い、これはレントゲンなどには写らないので病院では「特に異常はありません」という診断をされ、シップと痛み止めの薬を出されただけという事が起きてしまうのです。

この『仙腸関節』を手技によって調整していくのがAKA療法になりますが、とても優しい力でゆっくり調整する治療法なので、患者様の負担はなく、小さなお子様からお年寄りの方、妊婦さんにも安心して施術を受けていただける安全な治療になります。 ぶつけた、捻ったなどの思い当る原因がなく、いつのまにか痛みが出てきたものは、ほとんどがこの『仙腸関節』の機能異常によって痛みが引き起こされているのです。 仙腸関節を調整した後症状に合わせて腰椎、胸椎、頸椎なども調整していきます。

ページトップへ

スマートフォン | パソコン