電気治療器の紹介

スーパーテクトロン(上大類院のみ)

手技治療

従来の電気治療器は低周波や中周波といった周波数帯の電気を使用していました。この周波数帯の電気では皮膚の下最大で3センチまでの通電が限界で、筋肉のより深くにある痛みに対しての効果が薄いものでした。しかしこのスーパーテクトロンは高周波の電気を使用し皮膚の下の15センチ以上もの深いところまで通電することができ、従来の電気治療器では不可能だった筋肉の深いところにある痛みにも効果を発揮します。特殊な電気の波形を使用しているため痛みをとることに特化した、今までにない電気治療器になります。肩こり、四十肩、五十肩、腰痛、坐骨神経痛などにはもちろん。足首の捻挫といった外傷にも効果的で、ケガをしてすぐの強い腫れも取れ、いち早くスポーツなどの競技復帰も可能にすることが出来ます。

干渉波治療器(上大類院のみ)

干渉波治療器

周波数の異なる電流を身体に流すと身体の深部でぶつかり合い、低周波の刺激が発生しこれを「干渉波」といいます。低周波では皮膚抵抗(チクチク感)が発生します。干渉波は皮膚抵抗が低周波よりも低いため身体の奥に通電でき、さらにチクチク感が少ないので患者様にも安心して電気治療を受けていただけます。

ネオテクトロン(本院のみ)

ネオテクトロン

スーパーテクトロンの最新版になります。 基本的な電気の周波数、波形はスーパーテクトロンと大きな違いはありませんが、このネオテクトロンには新しい機能が追加されていて、その機能が『ハイボルテージ療法』という治療を高周波と同時に行うことが出来るようになっていて、さらに痛みを取ることに特化しました。

ハイボルテージ療法とは・・・従来の低周波治療器に比べ高い電圧を流すことで皮膚の抵抗を抑えて筋肉のより深いところまで電気を流すことのできる治療です。

低周波電気治療器(両院共通)

低周波電気治療器

一定のリズムで断続する電流を人体に流し、筋肉を電気刺激で揉みほぐします。患部の硬くなった筋肉が柔らかくなり、血流が促進されるので、疲労物質や痛みを出している発痛物質を流すことができ、筋肉痛、神経痛、疲労回復などに効果的です。

温浴治療(両院共通)

温浴治療

温浴効果で抹消循環を良くし、温まった血液が熱と共に全身を循環します。損傷した筋繊維の治癒促進、疼痛緩和や血流促進による冷え性の改善に効果的です。

ページトップへ

スマートフォン | パソコン